セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを徹底評価!債券と株を織り交ぜた評判のバランスファンドの実態を紐解く。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを徹底評価!債券と株を織り交ぜた評判のバランスファンドの実態を紐解く。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはセゾン投信が運用するファンドです。

以前、同じくセゾン投信が運用している「セゾン資産形成の達人ファンド」を取り上げましたが達人ファンドは株式のみに投資するファンドとなっていました。

→ 悪利回りでおすすめしない?危ないからやめた?評判の投信【セゾン資産形成の達人ファンド】を徹底評価!チャート・利回りから見る確かな実績と今後を解説。

 

一方、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは株式と債券を半分ずつまぜるバランス型のファンドです。

今回はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて詳しく紐解いていきたいと思います。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの特徴とは?

ではまず特徴について見ていきましょう。

ファンド・オブ・ファンズ形式で運用

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも達人ファンドと同じく、ファンドに分散投資するファンドとなっています。

このような形態の投資信託をファンド・オブ・ファンズ形式と呼ばれています。

ファンド・オブ・ファンズ形式

組入れているのはバンガード社が運用しているインデックスファンド

上記をご覧いただければわかりますが組み入れているファンドはバンガード社にインデックスファンドとなっています。インデックス投信は日経平均やS&P500指数のようなインデックスに連動することを目標としたファンドとなっています。

インデックス投信については以下でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

投資信託はおすすめしない!儲けられない理由を日本の投信の質、商品提供側の考え方から徹底解説

 

バンガード社は世界最大級の運用会社で運用資産残高は570兆円になっています。現在世界のインデックス運用商品の約4割のシェアを握っておりNo.1となっています。

有名なVTやVTIもバンガードが組成している商品ですね。

株式と債券を50%ずつ組み入れている

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは株式と債券に原則50%ずつ投資するように設定されています。

株式と債券の50%ずつのポートフォリオ

2021年2月末時点のポートフォリオは以下となります。おおよその株式の地域別の比率は時価総額に準じたものとなっていますね。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのポートフォリオ
ファンド 連動対象 構成比率
インスティテューショ
ナルインデックスファンド
(米国)
S&P500指数 29.6%
ヨーロピアンストック
インデックスファンド
(欧州)
MSCIヨーロッパ
インデックス
8.5%
ジャパンストック
インデックスファンド
(日本)
MSCIジャパン
インデックス
3.5%
パシフィック
エックスジャパン
ストックインデックス
(豪州、香港、NZ、SG等)
MSCIパシフィック
エックスジャパン
インデックス
1.6%
エマージング
マーケットストック
インデックスファンド
MSCIエマージング
マーケット
インデクス
6.7%
USガバメント
ボンドインデックス
ブルームバーグ
バークレイズ米国政府債
浮動調整インデックス
24.2%
ユーロガバメント
ボンドインデックス
ブルームバーグ
バークレイズユーロ政府債
浮動調整インデックス
19.7%
ジャパンガバメント
ボンドインデックス
ブルームバーグ
バークレイズ日本政府債
浮動調整インデックス
5.3%

 

リバランス効果が期待できる

基本的に債券と株式を半々に保つということはリバランスによる利益獲得を狙うことができます。

 

例えば、株式が上昇すると株式の比率が大きくなります。しかし、株価が上昇するということは割高感がますということの裏返しでもあります。

そこで、割高となっている株式を売却して、相対的に割安となっている債券を購入してリバランスを行います。

リバランスの効果とは?

自動的にリバランスを行なっていくことで、相対的に割高な資産の利益を確定して、相対的に割安な資産を購入していくことができるのです。

結果的にリターンが安定するという結果をもたらします。リバランスに関しては以下のサイトの記事が非常に参考になったので興味のある方はご覧いただければと思います。

参照:マネリテ「リバランスとは?」

 

インデックスファンドを組み合わせているため比較的低い手数料水準

インデックスファンドを組み合わせているため比較的低い手数料形態となっています。

購入手数料 無料(ノーロード)
信託手数料 年0.57%±0.02%

 

なぜ0.2%の幅があるか疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

これはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドがファンド・オブ・ファンズであることに起因しています。組み入れているファンドの手数料によって機動的に変わっていくということですね。

ただ、バンガードのインデックスファンドの手数料水準は低いため幅は小さくなっています。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのリターン

それでは肝心なリターンについて見ていきたいと思います。

比較的安定したリターン

以下は運用開始以来のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのチャートです。比較的安定してリターンを挙げているということができるでしょう。

セゾンバンガードグローバルバランスファンドのリターンチャート

参照:セゾン投信

 

とはいえ債券を半分組み入れている割にはリーマンショックで大きな損失を被っているのは気がかりですね。

バランスファンド「eMAXIS バランス(4資産均等型)」と比較

同じく株式や債券を分散して組み入れているeMAXISバランス(4資産均等型)と比較していきたいと思います。

eMAXISバランスは「国内株式」「先進国株式」「国内債券」「先進国債券」を均等に組み入れます。

eMAXISバランス(4資産均等)のポートフォリオ

 

以下はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドeMAXISバランス(4資産均等型)とのリターンの比較です。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとeMAXISバランス(4資産均等型)とのリターンの比較

殆ど同じ動きとなっていますね。

今後の見通し

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは債券を半分入れているため、今後の見通しは正直厳しいものがあると考えています。

債券は金利が高くなれば価格が下落します。現在先進国の債券は米国であっても金利は下限近辺となっています。

 

米国10年債金利の推移

参照:FRED

 

今後、経済が正常化していくとFRBが金融緩和を徐々にゆるめて金利引き締めに動く可能性が十分にあります。

すると、債券価格は下落していくので先進国債券を半分組み入れているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドのリターンは低くなるということが想定されます。

まとめ

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについて纏めると以下です。

  • ファンド・オブ・ファンズ形式で運用
  • バンガード社運用のインデックスファンドへ投資している
  • 株式と債券を半々で組み入れ
  • リターンは安定しているがリーマンショックでは大きな打撃
  • 今後債券は暗い見通しで投資妙味は薄い

長期的に安定的なリターンを積み上げ大きな資産を形成したいという方は以下で投資先としておすすめできるファンドをランキング形式でお伝えしていますので参考にしていただければと思います!

おすすめ投資先ランキング BEST3

2020年から投資先としておすすめできる投資先を収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています。

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配)を徹底解剖・評価。高配当・公益セクターに投資をするファンドはコロナショックで沈没中。

ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配)を徹底解剖・評価。高配当・公益セクタ...

投資バカの思考法

ひふみ投信創設者・藤野英人氏『投資バカの思考法を読んで』!著名ファンドマネージャ...

NO IMAGE

投資信託「投資のソムリエ」は評判通りの投資信託なの?話題の投信を徹底評価!

【さわかみファンド】さわかみ投信と評判のひふみ投信の運用成績・方針・手数料を徹底比較!グロース型アクティブ投資信託としてどちらが優れているのか。

【さわかみファンド】さわかみ投信と評判のひふみ投信の運用成績・方針・手数料を徹底...

NO IMAGE

真のバリュー株投資を実践する投資信託は存在しない?日本の投資信託のバリュー株銘柄...

NO IMAGE

ありがとう投信が運用する「ありがとうファンド」を徹底評価!評判や運用実績について...