マイ・ウェイ・ジャパンの評判はどうか。チャートやリターンから投資妙味を考える

マイ・ウェイ・ジャパンの評判はどうか。チャートやリターンから投資妙味を考える

 

色々とヘッジファンド型含め、投資信託を見てきた中で、やはり見えてきたことがあります。

それはコンスタントに、損を出すことなく指数を超えるリターンを出してくれるファンドは稀であるということです。

今回も最近耳にした「マイウェイジャパン」について少し見ていきたいと思います。結論としては、リターンが物足りないファンドです。

 

マイ・ウェイ・ジャパンとは

「ファンダメンタル価値対比割安なバリュー銘柄」と「将来収益への成長期待が高いグロース銘柄」を中心に投資するファンドのようです。絶対収益型ですので、ヘッジファンド型ですね。株式投資で勝負する類のものです。

運用元は三井住友DSアセットマネジメント株式会社となっています。

 

割安な成長株を見つけてリターンを出すということですね。

最初から少し疑問を感じています。バリュー銘柄は此度のコロナショック後、超割安状態になっていましたので、旅行業、ホテル業などの割安銘柄は転がっていました。

2021年初頭まで。そこで仕込めているのかどうかが一つの投資判断になるかもしれません。

バリュー株投資とバリュー銘柄は少し意味合いが異なります。バリュー銘柄は大きなリターンが見込めるものではありません。

 

グロース株の選び方は人それぞれ違いますが、ファンダメンタルな要素と国債金利などマクロな知識が必要になってきます。

ファンドマネジャーの手腕が問われるところでしょう。

 

ファンドの概要

目論見書を一部抜粋します。

 

<商品分類>

  • 単位型・追加型:追加型
  • 投資対象地域:国内
  • 投資対象資産(収益の源泉):株式
  • 補足分類:特殊型(絶対収益追求型)

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産
  • 決算頻度:年1回
  • 投資対象地域:日本
  • 投資形態:ファミリーファンド
  • 特殊型:絶対収益追加型

ファンドの目的

当ファンドは、マザーファンドへの投資を通じて主としてわが国の株式に投資するとともに、わが国の株価指数先物取引の売建てを行うことにより、株式市場の変動リスクを低減し、信託財産の安定した成長を目指して運用を行います。

 

日本株でリターンを目指しつつ日経平均、TOPIXなど先物でヘッジを行いつつリターンを目指していくという運用ですね。

金額が大きくなれば、どうしてもβでのヘッジは必要になるという方針ですね。比較的安全な運用を目指していることがわかります。

リターンに応じて、分配金も用意されています。

毎年3月17日(休業日の場合は翌営業日)の決算時に分配を目指しているようです。

収益を超えた支払いが行われる可能性があるとのことですが、これはREIT高配当配銘柄と同じようなリスクが顕在することもある点、投資家は認識しておかなければなりません。(配当を配りすぎて、リターン低下→元本の毀損)

分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を 超えて支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落 することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示す ものではありません。

 

ポートフォリオ

ポートフォリオを見ていきましょう。

どんな銘柄を選定しているのが、非常に興味があります。

銘柄の選び方は以下のようになっています。

 

●流動性基準・財務基準による絞り込み

●サステナビリティ(ESG要素を含む中長期的な持続可能性)について、社会的信用に関する行為等、重大な問題が生じた銘柄は除外

●「ファンダメンタル価値と対比して割安なバリュー銘柄」と「将来収益への成長期待が高いグロース銘柄」を中心に投資

●トップダウン・アプローチとアナリスト等によるボトムアップを融合することで業種別・規模別配分を決定

 

今流行りのESGも考慮し、トップダウンアプローチ、ファンドマネジャーの腕が本当に試される手法ですね。これといって大きな特徴は見られません。

業種別順位は情報通信、電気機器となっています。

業種別上位
情報・通信 14%
電気機器 10%
化学 7%
医薬品 7%
輸送用機器 6%

 

次に実際のポートフォリオです。

 

順位 銘柄 コード 業種 組入比率
1位 日本電信電話 9432 情報・通信 3.08%
2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ 8306 銀行 2.79%
3位 トヨタ自動車 7203 輸送用機器 2.15%
4位 三菱商事 8058 卸売 2.08%
5位 ソフトバンクグループ 9984 情報・通信 1.81%
6位 任天堂 7974 その他製品 1.70%
7位 日本電気 6701 電気機器 1.62%
8位 日本たばこ産業 2914 食料品 1.53%
9位 武田薬品工業 4502 医薬品 1.46%
10位 本田技研工業 7267 輸送用機器 1.37%

 

NTT、UFJ、トヨタ自動車、三菱商事、ソフトバンクグループとなっています。

堅いポートフォリオだなという印象しかありませんが、SBGをグロース株として捉えているということなのでしょうか。

本田は今後のEV展開ではポテンシャルはありますが、この時点で高いリターンを出せることはまずないだろうなというのが感想です。

 

実際の実績

では、実績を見ていきましょう。

基準価額

約120億円を運用しているファンドになります。

コロナショック後の株式市場の強い上昇にそのまま乗り、ショック後を少し上回った程度でしょうか。すでに物足りません。

 

パフォーマンスはどうでしょう。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン 1.01% 0.62%
カテゴリー 3.21% 0.40%
+/- カテゴリー -2.20% 0.22%
順位 47位 24位
%ランク 59% 40%
ファンド数 80本 60本
標準偏差 3.62 2.71
カテゴリー 9.76 7.99
+/- カテゴリー -6.14 -5.28
順位 13位 5位
%ランク 17% 9%
ファンド数 80本 60本
シャープレシオ 0.28 0.23
カテゴリー 0.33 -0.1
+/- カテゴリー -0.05 0.33
順位 45位 22位
%ランク 57% 37%
ファンド数 80本 60本

 

3年で0.62%。1年で1.01%。手数料でマイナスなのではないでしょうか?

購入手数料が2.2%、信託報酬が0.869%なので、ヘッジファンドの類は初年度は費用が出てしまうケースもありますが長期になれば十分に取り返せるものです。

しかし、3年で0.62%なので・・・これ以上は言及しませんが。

 

絶対に損失を出さず、プラスで運用をするというフィロソフィーがあるのであればそれはそれで良いのですが。

 

運用実績

2018年にマイナスを出してしまっています。

これは、目も当てられないですね。なぜ皆解約しないのでしょうか。

 

 

評判

評判は正直、あまり意味のない指標だと個人的には思っておりますが、見ていきましょう。と思いましたが、口コミが見つかりませんでした。

リターンに派手さがないため、やはり注目も薄いことがわかります。

 

投資妙味の判断

投資妙味はなしです。

相対的に見ても、著しく低いプラスリターンに、マイナスまで出してしまっている現状、投資に踏み切ることはしばらくなさそうです。

あと3年ほどの運用結果を見て、個人投資家の信頼を取り戻せるようなリターンがあれば、また再考する時がくるかもしれません。現時点ではごめんなさい、です。

 

おすすめ投資先ランキング BEST3

2020年から投資先としておすすめできる投資先を収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています。

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界各国の株式及び債券に投資を行う野村ワールドスター オープンの評判はどうか?ロング・ショート型本格派ファンドの見通し

世界各国の株式及び債券に投資を行う野村ワールドスター オープンの評判はどうか?ロ...

NO IMAGE

ヘッジファンドと投資信託を比較!1,000万円を運用するならどちらが良い?投資信...

NO IMAGE

ひふみ投信が新たに発足させた世界の株式市場に投資する評判の「ひふみワールド」と「...

【ブログ更新】全世界に投資できると評判のキャピタル世界株式ファンドを徹底評価!限定為替ヘッジや分配重視の選択はどうするべき?

【ブログ更新】全世界に投資できると評判のキャピタル世界株式ファンドを徹底評価!限...

長年の歴史を誇るフィデリティ・日本成長株・ファンドを徹底評価!特徴から口コミや評判を含めて網羅的に紐解く。

長年の歴史を誇るフィデリティ・日本成長株・ファンドを徹底評価!特徴から口コミや評...

暴落を幾度となく経験し不調にあえぐ「ひふみ投信」や「ひふみプラス」の時代は終わった?評判が高かった投信の今後の見通しを含めて徹底評価!

暴落を幾度となく経験し不調にあえぐ「ひふみ投信」や「ひふみプラス」の時代は終わっ...