一般人が金持ちになるには投資しかない理由を徹底解説!富裕層へと駆け上がろう

なんとかお金持ちになりたい。」しかし、「このまま働き続けたとして、富裕層になることは可能なのだろうか?

と悲観に暮れている方は多いのではないでしょうか。私自身も、資産の運用を考える前はそのように途方に暮れていました。

 

実際に、野村総研の以下の表の通り「富裕層」といわれる「純金融資産」が1億円以上の世帯は、日本で約2%となっています。

 

富裕層

 

一般的な労働者階級である私たちが富裕層になるのは険しい道であるかのように見えます。

 

元々、先祖が成功していたりしない限りは、起業して成功しない限りは富裕層になれないと考えて諦めている方も多いと思います。一般的なサラリーマンの収入だけでは、階級を駆け上がることはほぼ不可能です。

 

しかし、実際は一般人でも簡単なことを実践するだけで1億円を確度高く達成することができるのです。その答えは「資産運用」にあります。

 

本日は日本の現状を説明した上で35歳で5000万円を構築した筆者の視点から、一般人が富裕層になるために必要な戦略についてお伝えしていきたいと思います。

 

給料は増えない!可処分所得が停滞している日本の現状を認識しよう。

会社で働いていて以下の疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

「毎年頑張っているけども給料が全く上がらない」

 

「このまま頑張って働いても、豊かになれるか分からない」という先の見えない不安感を抱えていることと思います。

 

確かにアベノミクスで日経平均は急激に上昇しました。

しかし、国民の生活に目を向けてみると、生活水準は向上するばかりか消費税増税などで国民生活は困窮しています。なぜ株価は絶好調、国民の生活は絶不調なのでしょうか?

 

以下は内閣府のデータですが実質可処分所得(国民の最終的な手取り収入)は前年同期比横ばいの状況が続いています。

もはや、消費増税で大きく凹んでいる時もあります。

 

 

 

可処分所得というのは所得から税金や社会保障を差し引いた後に残る手取り所得です。

実質可処分所得はさらに上記からインフレ率を差し引いたものです。

 

実際、額面700万円の方の手取りは、2002年以降の15年間で50万円も減っています。

2020年時点では更に減少しています。

なぜ日本人は頑張って長い月日を労働に費やしているのに、可処分所得が上がらないのでしょうか?報われないのでしょうか?

労働だけでは、なかなか大きな資産を構築することが出来ない世の中になってしまっていることがわかります。労働が否定されているのです。

 

生活費はそれほど高騰していませんが結婚後に最も「お金」がかかるのが教育費です。

追い討ちをかけるように、大学の授業料は高騰の一途をたどっています。

 

現在、子供を大学に入れるのが一般的な世の中になっています。

そんな中、子供が私立に入学した場合4年間で学費だけで400万円が必要となります。

 

 

仮に下宿代を支払うとすると1000万円近い費用がかかるのです。給与が上昇しない中で2人で2000万円の負担は大きな出費ですね。

 

独立や副業は甘く考えない方がよい

働いている会社からの給与上昇が見込まれないなら副業で収入を得たり、独立しようと考える人も多いでしょう。

いきなり独立や起業をするのは早計

最近自由な生き方を求めてフリーランスや起業が流行しています。

しかし、自由を得る代わりに失うのは安定です。特に家族を抱えている人は慎重に考える必要があります。

 

いきなり独立すると、安定した生活からいきなり路頭に迷う結果にもなりかねません。順序としては、まず副業から始めるのがよいでしょう。

副業である程度成果を出し、本気でやれば大きな収益を出せると見込める場合だけに限りましょう。

副業も甘くはない

まずは、副業からと申し上げましたが副業も決して甘くありません。副業というと考えれるものに以下があります。

  • せどり
  • アフィリエイト
  • AirBnB

 

これらを一度やられた方ならわかると思いますが、サラリーマン収入を超える所得を得るのは並大抵のことではありません。

正直周りで成功している人は見かけないのではないでしょうか?少なくとも私の周りでこの手法で大きな利益を稼いでいる人は知りませんね。

一般人が金持ちになるのは投資・資産運用しかない

では一般人が富裕層になるにはどうしたら良いのでしょうか?

確度の高い方法についてお伝えしていきたいと思います。

収入には労働収入の他に資本収入がある

サラリーマンとしての収入や副業による収入は労働収入と呼ばれるものです。

労働収入は毎月頂いている給与やボーナス、さらには副業収入のことを言います。労働者として時間と労力を投下することによってお金を生み出す手法です。

 

その他の収入として資本収入があります。資本収入は時間と労力ではなく、資金を投じることによって収入を得る収入を指します。代表的なものに以下のものがあります。

  • 株式投資
  • 債券投資
  • 不動産投資

 

よく皆さんが実践されているFXは残念ながらゼロサムゲームですので投資といえる代物ではありません。以下で詳しくまとめていますので参考にしてみてください。

→ 元為替トレーダーが教える・為替市場の特徴と初心者でもFXで勝つ方法

 

大きな資産を築くのであれば株式投資

資本収入の中でも様々なものがありますが、歴史上最もリターンが高いのは株式投資です。

株式投資は以下1802年から2013年の200年の歴史で実質ベースで6.7%のリターンを平均的に出し続けています。

大きな資産を築くのであれば株式投資

複利の力は本当に偉大です。1802年時点の1ドルは株式市場に投資をしていれば2013年時点では93万ドルにまで膨張しているのです。

株式投資で大きな資産を形成する方法

では株式投資でどのように資産を形成すればよいのでしょうか?

方法としては大きく二つに分かれます。一つは先ほどお伝えした通り米国株のインデックスに投資をしていく方法です。

 

米国にはS&P500指数というものが存在しているのでS&P500指数に連動するETFや投資信託を積み立てていけば大きな資産を形成することができます。

しかし、大きな問題があります。それは場合によっては大きな損失を被る可能性があるということです。

 

以下は1928年から2017年のS&P500指数の単年度のリターンの推移です。場合によっては40%近く下落している期間もありますし、複数年にわたって大きく下落する局面もあります。

 

10年単位でみてもマイナスのリターンとなる場合も存在しています。10年間投資した結果資産が減少していたら、投資を諦めてしまいそうですね。

 

また、50歳以降で老後資金を運用したいという場合はインデックス投資はそもそも魅力的な選択肢かどうか怪しいのです。

株式投資において必勝法はないのか?投資の勝率を高める方法について考察する!

 

安定した資産を形成する上で重要なのは極力下落をせずに安定的に運用を行うということです。

 

筆者はヘッジファンドに投資をしているのですが投資してから5年間一度も下落することなく米株インデックスよりも高いリターンをもたらしてくれています。

以下でヘッジファンドとはそもそもどのような形態のファンドなのかということを含めて筆者が投資しているファンドについてお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

【2021年】日本のおすすめヘッジファンドランキングと、投資する際に気をつけたいポイントを徹底解説!

おすすめ投資先先ランキング BEST3

2020年から投資先としておすすめできる投資先を収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています。

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

地方に住んでいる方が行うべきおすすめの資産運用を徹底解説〜田舎の投資の実態〜

NO IMAGE

ファミリーオフィスとは?プライベートバンクとの違いをわかりやすく説明する

NO IMAGE

日本銀行(BOJ)・米国中央銀行(FRB)・欧州中央銀行(ECB)の金融政策をわ...

NO IMAGE

日本で想定されるインフレと対策について徹底解説

NO IMAGE

元本保証の代表格定期預金について徹底解剖!おすすめの高利回りの銀行について紹介す...

NO IMAGE

投資・資産運用10種類を徹底比較!リスク・リターン別に長期的に大きな資産を築く投...