資産分散の必要性をわかりやすく解説!本物のエンダウメンと流分散投資ポートフォリオの組成方法とは!?

資産分散の必要性をわかりやすく解説!本物のエンダウメンと流分散投資ポートフォリオの組成方法とは!?

 

資産運用を考える上で、「資産分散」の重要性を理解しておくことは非常に重要です。

株式投資をしている人はよくわかると思いますが、

一つの銘柄に自分の大事な資産を全て投下するのは危険ですよね。

 

一本足打法では利幅も大きくなりますが、損失を被る可能性も大きくなります。

必ずいくつかの銘柄に分散して投資をするはずです。

 

しかし、世界的な株安が発生すると銘柄分散しても殆ど全ての銘柄が下落しました。以下は日経平均とNYダウの株価の比較です。下落幅や上昇幅は違うものの基本的に同じような動きをしていますね。

日経平均とNYダウの株価推移

資産運用では株式だけではなく、債券、不動産、商品などの資産に分散することは非常に重要です。

今回は分散投資の投資対象を列挙した上で、長期で高い成績を残し続けている米国一流大学の年金基金(エンダウメント)のポートフォリオを紹介していきたいと思います。

最後に個人投資家が組成できるエンダウメント流のポートフォリオについてもお伝えしていきます。

資産分散の方法・投資対象は何になる?

まず資産分散を行う上で投資対象となるものに、どのようなものがあるか見ていきましょう。

伝統的な投資対象

資産分散を考える上で伝統的な選択肢は以下の二つです。株と債券は王道中の王道です。

  • 株式
  • 債券

株式の中にも大分類として「国内株」「先進国株」「新興国株」があります。更に、その中にも「大型株」「小型株」という括りや「バリュー株」「グロース株」という詳細な分類に分けられます。

 

債券の中にも、「日本債券」「先進国債券」「新興国債券」があります。更に、その中にも「国債」「社債」という括りや「長期」「短期」という分類に分けられます。

 

注目度が高まるオルタナティブ投資

今までの伝統的な株や債券以外にもオルタナティブ投資といわれる投資先が隆盛を誇っています。

オルタナティブ投資は株や債券とは異なる動きをする資産で、ポートフォリオの安定性を高めることができます。代表的なオルタナティブ投資先は以下があります。

 

ヘッジファンド どんな市況でも収益を目指す絶対収益型のプライベートファンド
PEファンド 未公開株に投資をして売却又は上場で利益を狙う
不動産 現物不動産やREIT
商品 金、銀、原油、穀物等

 

資産分散ポートフォリオはどのように組むべきか?

ポートフォリオとは「財産目録」が本来の意味ですが、具体的な定義は以下の通りです。

 

ポートフォリオ

投資では全体のリスクを低減するために対象を分散する。この異なるリターンとリスクを持ついくつかの資産の組み合わせをポートフォリオと呼ぶ。

機関投資家が運用する複数の株式あるいは債券を組み合わせたものや、個人が運用する場合の株式、債券、不動産、生命保険などを組み合わせたものなど、

目的と資産に合わせた組成が可能。長期の運用では特に、適切に分散されたポートフォリオを構成することが重要となる。

出典:ポートフォリオ

 

つまりはリスクを低減するために投資対象を分散していくことですね。資産分散をする上で重要なのは大事な資産を「守りながら増やしていく」という視点です。

文字の定義だけ見ても難しいと思います。このような時は、実際に成功している資産ポートフォリオをモデルに、自分のポートフォリオを構築していくのがおすすめです。

例えば、ハーバード大学基金などのエンダウメントは積極的に資産分散しており良いお手本とも言えますので紹介していきたいと思います。

ハーバード大学基金のポートフォリオ・資産分散割合を参考にしよう

では、実際に長期間高いパフォーマンスを上げ続けているハーバード大学基金のポートフォリオを確認していきたいと思います。

ちなみにハーバード大学基金は20年間の長期の累積・年間収益で、平均10%を超える利回りを上げております。

ハーバード年金基金のポートフォリオ

当然英語となっているので日本語訳にし、資産割合が大きい順に並べてみました。

ハーバード大のポートフォリオ

 

資産項目 資産分散割合
ヘッジファンド 33.00%
上場株 26.00%
未公開株 20.00%
不動産 8.00%
債券 6.00%
コモディティ 4.00%
現金 2.00%
その他 1.00%

 

内容を見てみると、金額が大きいというのもありますが、かなり多種多様な投資を実行していますよね。

 

未公開株を20%、上場株に26%投資しながらもヘッジファンドで堅実にリターンを狙っていますね。ヘッジファンドというのは、どのような市況であってもプラスのリターンを狙う絶対収益型のファンドです。

→ ヘッジファンドと投資信託の違いについてわかりやすく解説!中間に位置するヘッジファンド型投資信託と共に紐解く。

→ 投資家視点で優良ヘッジファンドの見分け方をわかりやすく解説!海外ヘッジファンドとの比較も通じて優秀なファンドを紹介。

 

ヘッジファンドは筆者もポートフォリオの主軸を占めており、コロナショックを含めて市場下落局面であっても安定した成績を残してくれています。

 

【最新ランキング】投資信託・ヘッジファンド、おすすめ投資先は?市場平均を出し抜きたしかな資産を築こう。

【最新版】おすすめ投資先ランキング BEST3!ヘッジファンドを使って市場平均を出し抜こう!
資産運用を行う必要性が年々増してきています。 実質所得は下がり続け、社会保障費も増大している現代の日本においては自助努力によって資産を形成...

 

2020年のコロナショックの後では既に金利水準が下落しているので投資妙味がなく、比率は通常時に比べて少なくなっています。

日本は日銀の大規模緩和で金利は0%で張り付いていますが、米国の長期債券でも0%台となっており債券投資の旨味は消失していますね。

 

米国の長期金利の推移

 

***イェール大学のポートフォリオも参考にしよう!

この他アメリカの名門・イェール大学も資産分散は実行しており、こちらも参考にしてみるのも良いでしょう。イェール大学は過去30年間平均年率12.6%という素晴らしいパフォーマンスを挙げています。

 

Over the past 30 years, Yale’s investments have returned an unparalleled 12.6 percent per annum

Ref:Yale Univ

 

以下はイェール大のポートフォリオの推移です。イェール大のポートフォリオ

 

やはり、一番ポーションを占めているのは「Absolute Return」つまりヘッジファンドですね。次にベンチャーキャピタル(=Venture Capital)とPEファンド(=Leveraged Buyouts)が幅を利かせていますね。

ハーバード大と同様にオルタナティブ投資の比率が非常に高く、債券の比率が低いことが伺えますね。

 

エンダウメント流のポートフォリオを組もう!

いままで見てきた通り、ヘッジファンドをはじめとしたオルタナティブ投資の比率が高いことがご理解いただけたかと思います。個人投資家が組成可能なポートフォリオとして以下が推奨できます。

 

資産項目 投資対象 資産分散割合
ヘッジファンド BMキャピタル 40.00%
全世界株 VT全世界分散投資ETF 30.00%
REIT 1659米国リートETF 10.00%
債券 TLT長期米国債ETF 5.00%
GLD金ETF 5.00%
現金 2.00%

 

ヘッジファンド以外は証券会社のETFで購入することができます。ヘッジファンドに関しては直接問い合わせて問い合わせを行う必要があります。

筆者が投資しているBMキャピタルは、まさにどのような局面でも利益を狙う絶対収益型のファンドとしての側面を強く有しています。

今回のコロナショックのような市場が大暴落する局面でも無傷で乗り切り、安定して10%程度のリターンを出してくれる長期投資には欠かせない投資先となっています。

以下で詳しくお伝えしていますので参考にしてください!

 

コロナでも無傷と評判の和製ヘッジファンド「BMキャピタル(CAPITAL)」ってどんなヘッジファンドなのか?形態や運用手法・成績を踏まえて詳しく解説する!

コロナでも無傷と評判の和製ヘッジファンド「BMキャピタル(CAPITAL)」ってどんなヘッジファンドなのか?形態や運用手法・成績を踏まえて詳しく解説する!
BMキャピタルは筆者が2015年から投資を行なっているヘッジファンドです。(→2021年注目のおすすめ投資先ランキング) 筆者の大...

 

まとめ

株式だけでなく、債券やオルタナティブ投資を組み合わせることで安定したリターンを叩き出すポートフォリオを組成することができます。

長期間にわたり高い成績を出しているエンダウメントはオルタナティブ投資に多くのポーションを投資しており、安定して市場平均を凌駕するリターンを叩き出しています。

近年は個人投資家も投資できるヘッジファンドもでてきており、安定したリターンをたし注目を集めています。

株式だけでなくオルタナティブ投資も組み合わせて安定した資産運用を行なっていきましょう!

〜安定運用で計算ができる投資先を選ぶ〜
【最新版】おすすめ投資先ランキング BEST3!ヘッジファンドを使って市場平均を出し抜こう!

資産を効率的に増やすべく、たしかな投資先を選ぶ

>>>おすすめ投資先ランキング

 

世の中には、あまりにも多くの金融商品が展開されすぎています。金融領域で有名な人は大衆にウケる情報を垂れ流すだけで、本質的な資産運用の情報は教えてくれません。

金融商品を選ぶ上で私が重視しているのは「マイナスを出さず、プラスの利回りで毎年終えることができる商品であるかどうか」です。

毎年プラス運用の複利リターンはどんな商品よりもパワフルであり、ウォーレン・バフェット氏、レイ・ダリオ氏が口酸っぱく「マイナスを絶対に出すな」と発言する理由はここにあります。しかし、そんな商品は、多くの金融商品に触れたことがないと、なかなか見つからないものです。

以下では、これまで多数の商品に投資をしてきた私が考える最も資産を増やす上で、安全で着実と考える投資先です。参考にしてみてください。

 

>>>おすすめ投資先ランキング

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

大口定期預金にメリットはある?各種銀行優遇金利を比較しながら1000万円をどこに...

NO IMAGE

貯金7000万円あるけど十分?7000万円を資産運用して2億円以上の金融資産を達...

NO IMAGE

資産2000万円を安全に投資して手堅く1億円を目指すための資産運用法を東大卒の投...

NO IMAGE

積立型保険で1000万円を目指す?より利回りが期待できる効果的な資産運用でより大...

NO IMAGE

【2021年初心者必見】1000万円を資産運用する際におすすめの投資先を利回り毎...

NO IMAGE

5000万円あったら貯金ではなく資産運用を考えよう!年率10%で倍の1億円を安全...