CATEGORY:まとまったお金の資産運用

1000万円以上のまとまったお金があればどうする?安全にかつ着実に増やすことができる預け先で運用しよう!

1000万円以上のまとまったお金がある場合、貴方ならどうするでしょうか?

1000万円の資産がある方は国民全体でみると上位層になります。以下アンケート調査の結果ですが、平均値は317万円、中央値は100万円という結果になっています、

国民の貯蓄額

 

中央値というのは例えば1万人に調査した場合に、第5000位の人の貯金額がいくらかという数値です。

平均値317万円に対して、中央値100万円が小さいのは裕福な人とそれ以外の人で大きな格差が生じていることを意味しています。

 

 

確かに1000万円の貯蓄があれば上位層であることに間違いありませんが、それだけで本当に十分でしょうか?

昨今、老後2000万円問題が世間を賑わせましたが、老後の生活を考えるのであれば1000万円という資産は十分な金額ということはできません。

むしろ、2000万円という金額も明らかに全国平均で必要な老後資産であり、大都市圏に関してはさらに多額の費用が必要となってきます。

 

裕福な老後生活を送るのであれば、筆者は最低でも1億円は必要であると考えて1億円の資産を作ることを目標にしています。(現在32歳で4000万円)

 

 

現時点で確実に実感していることですがコツコツと働いて蓄えられる資産には限界があります。上がらない給与所得、上がる税金や保険料、子供の養育費を考えるとジリ貧ですよね。

1億円を目指すのであれば労働の力だけでなく、投資の力を借りることが絶対的に必要になってくるのです。

当カテゴリーでは1000万円以上の資産を運用する際の考え方と運用方法について東大卒証券アナリストの筆者の視点でまとめていますので参考にしていただければと思います。

 

資産運用における基本的な事項

まず資産運用を行う際に押さえておきたい基本的なことについてまとめています。

まず、「卵を同じ籠に盛るな」という格言のもと分散投資が推奨されていますが、単純に複数の銘柄に分散投資をすればよいというものではありません。

同じ値動きをするものに投資していれば分散投資をしている意味がないからです。

 

以下の記事では世界の最先端の運用を行なっている米国のハーバード大学などのポートフィリオを参考にしながら、ポートフォリオの組み方について紐解いています。

→ 資産分散の必要性をわかりやすく解説!本物のエンダウメンと流分散投資ポートフォリオの組成方法とは!?

 

また、投資をするにあたってハイリスクハイリターンや、ローリスクローリターンという言葉をよく聞くと思います。

リターンについては単純ですが、リスクの意味についてご理解している方は実は多くないのではないでしょうか?投資におけるリスクというのは価格の変動幅のことを意味します。

 

長期的に資産形成を行い大きな資産を築くためにはリスクの本当の意味を理解しておく必要があります。以下では投資におけるリスクの意味について解説していますので参考にしていますのでご覧いただければと思います。

【ハイリスクハイリターン投資とは?】投資におけるリスクを理解してローリスクミドルリターン以上の資産に投資をしよう!

 

1000万円という資産をまず構築するために必要なこと

まだ1000万円の構築には至っていないという方に向けて、1000万円を構築する方法についてお伝えしています。決して難しいことではありません。

まず、明治大正昭和期の個人投資家である本多静六氏の貯蓄法が参考になります。収入を自動的に貯蓄・投資口座に移すことで強制的に資産を形成する手法です。

最初は辛いですが、必要不可欠な考え方ですのでご覧いただければと思います。

 

→ 本多静六氏の「私の財産告白」から資産を形成する基本「給料天引き貯金法」の有効性をお伝えする!

 

徐々に貯蓄できる体制が整ってきたら、1000万円を目指す準備が整っています。以下では300万円-500万円の資産を保有できた人にむけて効果的な資産運用法をお伝えしています。

→ 【資産運用法】貯金300万円-500万円を効果的に1000万円以上に増やす投資先を紹介する!

 

1000万円を資産運用する際の考え方

当カテゴリーの本題です。

1000万円を保有している方に向けて更に資産を増やすための考え方とポートフォリオの組成法について網羅的にまとめています。

 

 

2000万円-1億円を保有している方に向けた資産運用法

2000万円から1億円を保有している方に向けても考え方についてお伝えしています。

筆者もまだ4000万円という資産ですが、飛躍的に資産が毎年上昇してきています。共に1億円を皆さんと目指していきたいと思います。

 

 

また、退職金を運用する際の考え方と具体的な運用手法については以下でお伝えしています。

→ 退職金運用で失敗しないために!低リスクで老後資産を運用するおすすめの投資先についてわかりやすく解説する。

 

1億円以上保有している方の守りの資産運用法

1億円以上保有していれば老後を待たずにリタイアの道が見えてきます。1億円を苦労して構築した方もいれば、宝くじや遺産などで急遽大金を手にされた方もいらっしゃるとおもいます。

都会での暮らしでなければ1億円保有していたら十分にリタイアが可能ですが、都会で楽しくアーリーリタイアするのであれば更に大きな資産が必要となってきます。

以下では1億円以上保有している方に向けた守り育てる投資手法についてお伝えしています。

〜安定運用で計算ができる投資先を選ぶ〜
【最新版】おすすめ投資先ランキング BEST3!ヘッジファンドを使って市場平均を出し抜こう!

資産を効率的に増やすべく、たしかな投資先を選ぶ

>>>おすすめ投資先ランキング

 

世の中には、あまりにも多くの金融商品が展開されすぎています。金融領域で有名な人は大衆にウケる情報を垂れ流すだけで、本質的な資産運用の情報は教えてくれません。

金融商品を選ぶ上で私が重視しているのは「マイナスを出さず、プラスの利回りで毎年終えることができる商品であるかどうか」です。

毎年プラス運用の複利リターンはどんな商品よりもパワフルであり、ウォーレン・バフェット氏、レイ・ダリオ氏が口酸っぱく「マイナスを絶対に出すな」と発言する理由はここにあります。しかし、そんな商品は、多くの金融商品に触れたことがないと、なかなか見つからないものです。

以下では、これまで多数の商品に投資をしてきた私が考える最も資産を増やす上で、安全で着実と考える投資先です。参考にしてみてください。

 

>>>おすすめ投資先ランキング