ロボット戦略世界分散ファンド『愛称:資産の番人』を評価。次世代型AI運用のリターンは想定以上に低かった。

ロボット戦略世界分散ファンド『愛称:資産の番人』を評価。次世代型AI運用のリターンは想定以上に低かった。

最近は「ロボット」とつく金融商品に興味が尽きず、色々と見て回っています。

今日はロボット戦略世界分散ファンド「愛称:資産の番人」について少し調べてみました。色んな名前の商品があり面白いですね。

 

ロボット戦略世界分散ファンド『愛称:資産の番人』とは?

グローバルロボティクス株式ファンド」と同様にロボティックな企業銘柄への投資でリターンを狙う投信だと思っていましたが、予想を大きく外しました。

基本的には、外国投信を通じて、先進国・新興国の株価先物、債券先物、金利先物、為替取引など、幅広い運用をしています。

ファンドマネジャーの手腕が問われる運用方法となりますね。コンスタントに収益を出せているのかどうか、気になるところです(あとで見ていきたいと思います)。

絶対収益追求型なので、ヘッジファンドですね。

 

ファンドの概要

目論見書を一部抜粋します。

 

<商品分類>

  • 単位型・追加型:追加型
  • 投資対象地域:内外
  • 投資対象資産(収益の源泉):資産複合
  • 補足分類:特殊型(絶対収益追求型)

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産
  • 決算頻度:年2回
  • 投資対象地域:グローバル(含む日本)
  • 投資形態:ファンドオブファンズ
  • 為替ヘッジ:あり(部分ヘッジ)
  • 特殊型:絶対収益追加型

 

ファンドの目的

ルクセンブルク籍投資法人「マン・アンブレラ・SICAV」のサブファンドである「マン・AHL・ダイバーシティ・オルタナティブ」が発行する外国投資信託証券へ投資することにより、値上がり益の獲得を目指します。

 

海外投信を購入しリターンを狙うと。

投資対象もなんでもありですね。個別銘柄ではなく、マクロ経済と資金の需給の読みでリターンを獲得するという方針でしょう。

 

投資対象市場について

ファンドの仕組みはファンズオブファンズ。要するに、海外投信に投資をするだけのようにも見えますね。国内商品はT&D本体で運用。

ファンドの仕組み

 

特徴

特徴はなんといっても、投資判断をコンピューターが行うことです。

次世代型ですよね。上昇トレンドと下落トレンドをコンピューターが判断し、売買します。

取引のイメージ

世界中にこのようなファンドは今ではとても多く、例えば金利などが急上昇した時などは、ロボットが売買を行うので、株価指数などが大幅に下落するなどの影響をもたらします。

株式投資を個人でやるときも、急激な指標の動きは大怪我をする可能性があるので気をつけましょう。

 

ロボットが売買判断を行う強みは、トレンドを感情抜きで読み、売買で利益を獲得できる点でしょう。弱みは相場のトレンドが明確ではないときに、どうしてもリターンが取れないところです。

マーケットの細かな機微を読むことはできないということですね。それでも、人間が感情的にトレードするよりもリターンは見込めそうな気がします。

 

ファンドの運用会社 コンピューター運用の開拓者 AHL

実際の成績

実際の成績を見ていきます。基準価額を最初に見ておきましょう。

基準価額

コロナショックで打撃を受け、まだ回復には至っていません。

やられたままではない点は良いと思いますが。

 

すでにどれくらいのリターンか想像はつきますが、見ていきましょう。

 

1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率)
トータルリターン 2.95% 3.68%
カテゴリー 3.21% 0.40%
+/- カテゴリー -0.26% 3.28%
順位 39位 14位
%ランク 49% 24%
ファンド数 80本 60本
標準偏差 7.96 9.67
カテゴリー 9.76 7.99
+/- カテゴリー -1.8 1.68
順位 43位 44位
%ランク 54% 74%
ファンド数 80本 60本
シャープレシオ 0.37 0.38
カテゴリー 0.33 -0.1
+/- カテゴリー 0.04 0.48
順位 39位 12位
%ランク 49% 20%
ファンド数 80本 60本

 

1年で2.95%、3年で3.68%のリターンとなっています。

損失を出さない点は素晴らしいのですが、少し物足りないですね。ロボットの限界なのでしょうか。

マーケットは全く同じ動きをすることは少なく、傾向こそ読めますが、なかなか感情抜きの運用をしても、市場には投資家の感情も存在しますので、読みきれないところがあると想像します。

 

特に昨今は、従来までの機関投資家と影響力の小さい個人投資家が相場に存在していた訳ではなく、個人投資家の影響力がどんどん大きくなっています。

つまり、過去のデータを集積して、市場を読むにしても、過去は過去、未来のデータは集められず、やはり柔軟に相場と向き合っていくしかない、ということを示唆しているように思います。

 

標準偏差はとても低く、リスクは非常に少ない投資先となります。

ロボットが運用しており、大きく損失を出すほどのリスク許容に設定していないからなのではないかと思います。その分やはりリターンも低くなっているというところでしょうか。

 

口コミ

口コミは、想像通りあまり良くなかったです。

 

まとめ

ここまで見てきましたが、まず、ロボット(AI)で運用という現代の投資戦略の先端を走っている、試みている投資ファンドだとは思います。

その試みは面白いのですが、個人投資家からすればそんなことに興味はありません。

やはり、リターンを狙いたいところです。

 

損失を出さない点は、私自身も好きな運用です。

ウォーレンバフェット氏の格言を参考にしているからですが。

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

この意味するところは、コンスタントに利益を積み上げることこそが大富豪への近道だからです。

1年だけ30%の利益を出し、他の年は損失を出したり微益だったり、また大きくリターンを出したり、と。大きくリターンを出しているのであればそれで良いように感じますが、それは違います。どこかで大損を出すかもしれないメソッドは、資産運用では大きく他者を劣後します。

コンスタントに、しっかりと利益を獲得し、複利を追い風にすることこそが、長い時間をかけて膨大な資産を作るための戦略なのです。

 

しかし、ロボット戦略世界分散ファンドは損失を出さない点は評価するものの、如何せんリターンが小さすぎますし、運用期間も短く、まだ信用に足る存在になり得ません。

口コミに悪いものはたくさんありましたが、それは短期で大きなリターンを目指す人たちの声のような気もしますが、それにしてもやはり利回りが悪いです。

 

もっと長期間実績のある、しっかりとコンスタントに利益をだす、戦略が明確化されたファンドを選んで投資をするようにしましょう。

 

おすすめ投資先ランキング BEST3

2020年から投資先としておすすめできる投資先を収益性・安定性・将来性の観点から、ランキング形式で紹介しています。

【最新2020年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人工知能に特化した投資信託:AI日本株式オープン(絶対収益追求型) 『愛称:日本AI(あい)』を評価。AI運用成功例として名を馳せるか?

人工知能に活用した投資信託:AI日本株式オープン(絶対収益追求型) 『愛称:日本...

世界各国の株式及び債券に投資を行う野村ワールドスター オープンの評判はどうか?ロング・ショート型本格派ファンドの見通し

世界各国の株式及び債券に投資を行う野村ワールドスター オープンの評判はどうか?ロ...

マイ・ウェイ・ジャパンの評判はどうか。チャートやリターンから投資妙味を考える

マイ・ウェイ・ジャパンの評判はどうか。チャートやリターンから投資妙味を考える

投資バカの思考法

ひふみ投信創設者藤野英人氏『投資バカの思考法を読んで』!リスクマネジメントと損切...

NO IMAGE

運用成績がひどいと評判の「みのりの投信」とは?株式会社ポートフォリアが運用するマ...

評判のセゾン投信「セゾン資産形成の達人ファンド」を徹底評価!チャート・利回りから見る確かな実績。

悪利回りでおすすめしない?危ないからやめた?評判の投信【セゾン資産形成の達人ファ...