【体験談】危ない?怪しい?巷で評判のBMキャピタル(BM CAPITAL)を出資の経緯を含めて実際の投資家が徹底評価!

BMキャピタルは筆者が最も大きなポーションを占めている投資先です。筆者は2015年という比較的早期からBMキャピタルに投資を行い6年間のお付き合いとなっています。

ヘッジファンドという形態から、なかなか皆さんの目に触れることは少ないことから怪しいのではないかと不安に思われている方も多いことと思います。

しかし、実際に評判も良さそうだし気になるという方もいらっしゃると思います。

 


そのような方に向けて本日は実際の投資家である筆者の目線からBMキャピタルがどのようなファンドなのかをお伝えしていきたいと思います!

 

BMキャピタルに投資を行なった契機

実際、筆者が最初に投資した2015年時点では認知も低く、もし私の状況でなければ投資していなかったかと思います。

筆者が最初に投資をした契機は会社の先輩からの紹介でした。先輩が資産運用を始めたという話を聞いて投資先を聞いたところBMキャピタルの名前がでてきたのです。

 

丁度、筆者としても結婚までに資産を増やしたいという思惑もあったので詳しく話しを聞いて見ることにしました。

すると、本当に偶然だったのですが筆者が東京大学の在学時に起業サークルでお世話になっていた先輩が独立して運用しているファンドだったのです。

 


正直知っている先輩が運用しているファンドと知った時は驚きましたね。先輩から説明受けている時に驚いてテンパったのを覚えています(笑)

 

ファンドマネージャーは事業も行っており起業サークルも立ち上げていました。しかし、それだけでなく東京大学の株式投資サークルに在籍していたのを思い出しました。

実際に学生時代から起業しており、事業で稼いだお金で自己資金で投資を初めて研究の結果再現性があり継続的な投資手法を確立していたそうです。(これは後でお伝えします)

 

その後、外資系金融に勤めながら密かに研鑽を積み、退職後に知り合いの経営者や親族の資金を集めて本格的に運用を開始していたということを知りました。

筆者の3つ上の方なので筆者が大学1年生の時に偉大な4年生の先輩という存在でしたが、社会に出てからも存在感を更に増しており驚いたのを覚えています。

 

尊敬できる先輩が運用するファンドということで資産を預けてみることにしたのが始まりでした。どうせ運用を行うなら素人の自分が買うより、自分が天才と認めている人物に預けた方が合理的ですからね。

 


今では100億円近い運用を行うファンドへと成長しており名声を高めているのは彼の手腕のなすところだと思います。

 

実際に営業員の方にあって、どのような人物なのかを写真を含めてご覧いただくと分かるのですが、所謂天才気質の東大卒という雰囲気が漂っているのが伝わります。

 

BMキャピタルに預けてみた結果と感想!運用利回りとは?

預けて6年間経過した感想ですが、資産は2倍以上に増えています。ただ、一番筆者がBMキャピタルを評価しているのは「下落耐性の高さ」です。以下はBMキャピタルの公式ホームページですが、まさにその通りの成績を上げてくれています。

 

BMキャピタル

皆さん一番資産運用を行う時に重要視するのは元本安全性なのではないでしょうか?

実際、日本人は金融資産の60%近くを預金に置いているということからも伺い知れます。大切なお金をできる限り守ることが重要なのは言をまたないでしょう。

BMキャピタルは四半期毎に運用レポートを出しています。筆者が投資してから幾度となく相場の下落局面を迎えました。

 


その度に流石にBMキャピタルに預けている資産は流石に減っているだろうなあと緊張感を持ってレポートをひらけていました。

 

しかし、確かにほんの少し下落することはありますが、市場の下落に比べると大幅に小さく半年ベースでマイナスになることは、ただの一度もなかったのです。

TOPIXや人気のひふみ投信が下落するような局面も殆ど無傷で運用してくれました。更に2020年にTOPIXが40%近く下落したコロナショックも無傷で乗り切っていました。

BMキャピタルは小型株を対象とした本格的なバリュー株投資を基本としながら、現金比率を調整したり先物ヘッジ取引を行い暴落を免れています

この安全性を確保しながらも、着実に年率にして10%程度のリターンを安定してもたらしてくれたのは安心感がありました。

2018年くらいからは、市場が下落する局面でも特段恐ることはなく、どうせBMキャピタルは大丈夫だろうよいう心持ちで日々を過ごすことができていました。

BMキャピタルの公式ページ

 

BMキャピタルの運営形態とは?ポンジスキームではないかを検証

BMキャピタルはファンドという形態で運用しています。ファンドというのは投資家から集めた資金を投資して、投資して得られたリターンを投資家に分配するという仕組みです。

ファンドの形態

 


一言にファンドといっても様々なファンドがあります。投資信託もファンドですね。投資信託は公募ファンドと言われていますが、BMキャピタルは私募ファンドとして運用されています。

 

投資信託は金融庁から認可される形で運用しているので信頼感があります。ただ、BMキャピタルは合同会社の社員権の販売という形で資金を集めている私募ファンドです。別の言い方ではヘッジファンドと言われる形態で運用しています。

各ファンドの形態

合同会社の社員権の販売という点をもって怪しいのではという警戒される方もいらっしゃると思います。

 


私も疑問に思ったらしらべるクチなので出資する際に調べてみました。すると弁護士や行政書士も認めているしっかりした合法な運用形態であることがわかりました。

 

株式や債券等、「有価証券」そのものでなくても、金融商品取引法上のみなし有価証券の私募については原則として金融商品取引業の登録が必要です。

しかし、合同会社が自らの資金調達のため、社員権を自ら募集又は私募する行為は、金融商品取引業の登録を受けずに行うことができます(金融商品取引法2条8項7号参照)。

これが、「合同会社の社員権募集スキームが金融商品取引法の登録の例外」といわれるゆえんです。

参照:
匿名組合設立代行センター
代表:フロンティア総合国際法務事務所代表行政書士「田上 創」

 

合同会社の社員権を、自ら販売する場合には、金融商品取引業の登録が必要がありません。そのため、資金調達の手段として、合同会社の社員権販売が行われているのです。

参照:弁護士「中野秀俊」

 

そもそも西友やアマゾンジャパンも合同会社という形態で事業を運営しています。合同会社への出資だからというだけで怪しいというのは早計です。

コラム:ポンジスキームではないのか?

私募ファンドに投資をする際に気をつけないといけないのはポンジスキームであるかどうかということです。

ポンジ・スキームとは、詐欺のなかでも特に、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から新たに集めたお金を、以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用によって利益が生まれ、その利益を出資者に配当しているかのように装うもののこと。

参照:weblio

 

要は運用は行わずに、新たに出資した投資家の資金を既存の投資家に分配することで、当面の間利益がでているかのように見せる詐欺です。

新規の投資家が出資する金額が十分なうちは、このスキームが回りますが新規投資家からの出資金が既存投資家への分配金を下回る局面で蒸発します。この段階でファンドに残っている資金をポンジ運営者が持ち逃げをするわけです。

 


ただ、BMキャピタルは間違いなくポンジスキームではないといえます。理由は3つあります。

 

ポンジスキームの特徴としては以下が上げられます。

1.月利数%や年率50%以上など過大なリターンを喧伝している
2.運用年数が数年未満
3.解約することができない(抽選性等)

 

1番目に関しては、誇大広告で新規投資家から出資金を集めるために行われます。ただ、BMキャピタルは先ほどお伝えした通り年率10%程度のリターンと堅実なリターンを上げています。

2番目に関しては、ポンジスキームは長続きしないので数年以内に蒸発します。しかし、BMキャピタルは2013年から運用9年目に突入しています。ここまで長い期間ポンジスキームを行うことは不可能です。

3番目に関して、ポンジスキームが一番恐れるのは既存投資家が元本を解約して引き出すことです。しかし、BMキャピタルは四半期毎に解約をいつでも行うことができます。筆者の知り合いでも実際に住宅購入で必要になった時に引き出している事例を知っているので安心感があります。

 

更に大量保有報告書をだしている銘柄もあり、実際に運用を行なっていることは確定的です。筆者としても毎期のレポートをみて投資銘柄について研究しているので自身をもってポンジスキームではないと断ずることができます。

BMキャピタルの運用手法はバリュー株投資!

ヘッジファンドと聞くと、映画マネーショートのように市場の先行きを予想して大きなリスクをとるようなイメージを持たれている方が多いかと思います。

しかし、そのような投資方は大きなリターンをもたらすこともありますが、反対に大きな損失を出すこともあります。投機的な取引なのです。

 

このような投資をおこなっていると下落耐性が強く安定したリターンを叩き出すことができません。

実際、マネーショートで取り上げられていたファンドも最終的に巨額のリターンをだしていましたが、一時期40%のマイナスを出す局面もありました。BMキャピタルでは投機的な取引は行っていません。

 


私は投資に関心があることから、BMキャピタルから送られてくるマーケットレポートを熟読しているのですが投資手法は堅実そのものでした。

 

BMキャピタルが実行しているのはバリュー株投資です。バリュー株投資は企業の価値に対して割安に放置されている銘柄に投資を行うという手法です。

バリュー株に対する投資手法として企業の成長性に注目して投資を行うグロース株投資があります。(参照:バリュー株とグロース株)

バリュー株はグロース株をアウトパフォーム

グロース株相場とバリュー株相場は交互に訪れます。直近はグロース株相場が続いたことから、今後バリュー株相場が訪れることが想定されます。(以下のグラフで青色がバリュー株相場で橙色はグロース株相場です。)

バリュー株相場が到来するのか?

BMキャピタルの組み入れ銘柄の特徴とは?

 


ただ、BMキャピタルのバリュー株投資は通常のものとは違います。非常に緻密にかつ手間をかけて精度を高めておこなっています。

 

BMキャピタルでは企業が今なにを保有しているかということを表すバランスシートから考えて現在の株価が著しく割安な銘柄を狙い撃ちします。ただ、巷で行われている低いPBRの銘柄に投資をするというような安易なものではありません。

企業が保有している資産や負債の内容まで精査して、超保守的に見積もった絶対に崩れない価値だけで株式価値よりも高い銘柄を厳選しています。

 


具体的には絶対にゆるがない現金性資産から総負債を差し引いた純現金性資産だけで時価総額を上回っている銘柄に投資を行っています。

 

企業が保有する資産の中には不確かな価値をもつ資産が数多く存在しています。それらを一切除外して現金性の資産から全ての負債を差し引いたものを保守的純資産とします。

保守的純資産だけで企業の価値である時価総額を上回る圧倒的に割安な銘柄を仕込んで利益を得ることを狙って投資していくという手法を取っています。

 

BMキャピタルが組み入れる銘柄の特徴

 


このような銘柄は現金で500億円保有している銘柄の時価総額が300億円というような銘柄です。買った瞬間に200億円の含み益がでるような銘柄を選定しているということですね!明らかな株式市場のミスプライシングを狙い撃つということですね。

 

株価は短期的には本質的価値から外れた動きを行いますが、長期的には本質的価値に収斂していくという法則があります。

今、市場がミスプライシングをして明らかに割安に放置されている銘柄に投資をして本質的価値に収斂する過程で利益を確定していくという正道かつ王道の投資を行っています。

 

更に投資をしてから上昇するまで放置をするわけではありません。資金力を生かして投資を行い大株主となり「物言う株主」として経営幹部に働きかけて株価を上昇させる手伝いを行います。

明らかに割安に放置されている銘柄というのは市場から注目されていないことが大きな原因となっています。そのため、現金を留保している企業には自社株買や増配を行うことを実行させて、市場からの注目を集める活動を積極的におしすすめているのです。

 

バリュー株は注目される事象が発生すると株価が大きく上昇する

まさにこれがファンドマネージャーがファンドとして運用している要因とのことで、資金力があるからこそ経営に物申すことができるのです。

 

つまり、BMキャピタルは王道の投資を行いながら個人では行うことが出来ない積極的な投資を行なっているということになります。この堅実かつ積極的な投資手法が下落耐性の強さと安定したリターンの源泉になっているのです。

なぜ最低投資金額が1000万円?1000万円未満でも投資可能?

BMキャピタルのHPをみると最低出資金額は1000万円となっています。これには疑問に思われた方も多いかと思います。ただ、海外のヘッジファンドでは1億円や5億円が最低出資金額となっていることを考えると良心的と考えることもできます。

 

では、なぜヘッジファンドは最低出資金額を設けているのでしょうか?

この点については投資をする際に筆者も聞いて納得したので、以下でお伝えしていきたいと思います。

ヘッジファンドでは各顧客に対して営業員が担当としてつきます。

 


ファンドの様子や疑問点は営業員経由で聞くことができます。つまり、一人一人を大切な出資者として扱っているということが言えます。

 

そのため、顧客管理コストという点でも、運用に集中するという観点からもできる限り出資者は大口に絞りたいということだそうです。ファンドが顧客サービスを維持しながら運用に集中するという観点から考えると当然のことといえば確かに当然ですね。

 

ただ、2015年の筆者もそうだったのですが、どうしても1000万円が用意できないという方は1000万円未満の出資金でも投資することができます。

実際、筆者も最初に投資した際は500万円でしたからね。その後は運用結果に満足したので徐々に増資をしていきました。最低出資金について不安のある方は営業員の方に相談してみるとよいでしょう。意外に融通を利かせてくれることもあります。

楽天証券やSBI證券で投資できる?BMキャピタルの申し込み方法について解説

ではどのようにBMキャピタルに投資をすれば良いのか気になる方もいらっしゃると思います。投資信託であれば楽天証券やSBI證券で投資をすることが出来ます。しかし、BMキャピタルは私募ファンドなので証券会社経由で購入することはできません。

 

先ほどお伝えした通り出資者一人一人に説明を行なった上で納得してもらった上で投資をするという形式で運営されています。

 


逆に投資信託はどのような投資信託か理解せずに投資している方が殆どですよね。むしろ、しっかり説明を受けられる方が安心感があります。

 

私が投資した時は2013年でしたし、先輩から話を聞いたので対面でしたが、現在はオンラインでも面談の対応をしているそうです。地方の方でも気軽に話を聞くことができるのは、時代の進歩を感じますね。

問い合わせを行い話を聞いて、疑問点をぶつけた上で納得がいけば投資してもよいですし、納得できなければ出資を断るという流れになります。

 

〜安定運用で計算ができる投資先を選ぶ〜
【最新版】おすすめ投資先ランキング BEST3!ヘッジファンドを使って市場平均を出し抜こう!

資産を効率的に増やすべく、たしかな投資先を選ぶ

>>>おすすめ投資先ランキング

 

世の中には、あまりにも多くの金融商品が展開されすぎています。金融領域で有名な人は大衆にウケる情報を垂れ流すだけで、本質的な資産運用の情報は教えてくれません。

金融商品を選ぶ上で私が重視しているのは「マイナスを出さず、プラスの利回りで毎年終えることができる商品であるかどうか」です。

毎年プラス運用の複利リターンはどんな商品よりもパワフルであり、ウォーレン・バフェット氏、レイ・ダリオ氏が口酸っぱく「マイナスを絶対に出すな」と発言する理由はここにあります。しかし、そんな商品は、多くの金融商品に触れたことがないと、なかなか見つからないものです。

以下では、これまで多数の商品に投資をしてきた私が考える最も資産を増やす上で、安全で着実と考える投資先です。参考にしてみてください。

 

>>>おすすめ投資先ランキング

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。