明日上がる銘柄


相場格言


〜爆トレ格言集〜

 

 

 

上がった相場は自らの重みで落ちる

どんな相場も永遠に上げ続けることはなく、いつか下がる時が来るもの。高く上がった相場ほど落ちるのも早かったりする。手仕舞うタイミングには要注意。「山高ければ谷深し」に通じる。

 

騰げは別々、下げは一緒

相場が上昇するときは株式でも業種によって別々に上昇していくが、下げる時は、なにもかもが同時に下げる。まったく関連性のない銘柄までが下げる時は、なだれを打って下げてくる。いかに相場が人間心理によって変動するかである。

 

アタマとシッポはくれてやれ

魚の頭と尾の部分は残して他の人にも食べさせるような、余裕を持って売買しなさいという名言。たい焼きに喩えると、頭から尻尾まで、全部食べてしまいたいというところ。最安値で買って、最高値で売れればよいと思いがちだが、そんな風に欲張って待ち続けた挙句、利食いのタイミングを逸してしまい損してしまうこともあるということ。

 

当たり屋につけ

「当たり屋にちょうちん」。いわゆる“当たり屋”と呼ばれる人びとがいる。単なるマグレ当たりの場合もあるだろうが、日常生活のなかでも、うまくいくときはふしぎに次もうまくいくという経験があるだろうか。あれこれ思い迷うよりはいっそ“当たっている人”と同じ売買をしたほうがよいと考え、これに便乗するのがよいという格言。

 

当たり屋に向かえ

当りまくっている人間もいつかは外れる。提灯買いで押し上げられた相場は、いつかは反動安が待っているというわけ。「当たり屋といわれたころから曲がり出し」

 

意地商いは破滅の因

「相場と逆に行ったポジションを意地になって持ち続けているのは、大損の元。素直に相場に従うことが大切」という格言。

 

一運、二金、三度胸

ここが上昇の転機と見たら、びくびくせずに、勇気を持って買いなさい、という格言である。

 

一次規制に売りなし

上昇相場にあって、株の取引が活発になってくると、委託保証金率が引き上げられて信用取引が規制される。その「一次規制」のときには、まだ投げ売りの必要はないということを指している。確かに、まだ市場の上昇余地がある場合には信用の規制のブレーキは利かず、さらに上昇していく場合がある。しかし、担保余力が少なくなり相場が大天井に入った時には、規制が完全にブレーキとなってしまうケースもあるので注意が必要。

 

一文惜しみの百失い

利が乗り、自分が想定した目標値に一文足らずで終わったことで、手仕舞できず、その後、ズルズル値が下がり、最後に損をしてしまうこと。また、今切ると手数料が損になってしまうといったことから、損切りできずに、大損してしまう。「一両にこだわって一〇〇両に泣く」

 

いつとても買い落城の弱峠、怖いところを買うが極意ぞ

相対取引が中心だった昔は、手数料が高かったため、頻繁に売買すると、手数料がかさみ、結局は儲かりませんでした。もみ合い相場のように、相場の方向性が見極められない時は休んで、方向性がはっきりするまで休むことも大切です。

 

山高ければ谷深し

急騰した銘柄ほど下げ幅も大きいものです。業績を度外視して人気だけで買われて株価が上がったために、人気が離散すると大きく下げることになります。

 

電気が消えるとお化けが出る

昔は電気がよく消え、ロウソクが必需品でした。電気が消えた時はロウソクの明かりに手をかざしてキツネなどの形の影を作って遊びました。株式市場での電気とは輸出の代表であるエレクトロニクス株で、お化けとはディフェンシブの代表である薬品株です。

 

踏んだらしまい、投げたらしまい

売り方が敗北を認めて信用取引のカラ売りを清算することを、「踏む」といいます。 そこで上げ相場が終わることが多いようです。反対に、買い方が敗北を認めて信用取引のカラ買いを解消するのが、「投げ」です。そこで下げ相場が終わること が多いようです。

 

天底では、少数意見につけ

どこが天井で、どこが底かは、その時点ではわかりませんが、後から振り返る と、大抵は、天井では総強気で、底では総弱気が市場を支配しています。相場で勝つには、少数意見に耳を貸す必要があるようです。。

 

野中の一本杉

暴落相場で多くの銘柄が下落しているとき、逆行高を演じている銘柄は野中の一本杉のように注目されます。

 

もうはまだなり、まだはもうなり

株価がこんなに上がったからもう天井だろうと思ったら、まだ上がったとか、逆に、ま だ上がるだろうと思ったら、そこが天井だったということがよくあります。ITバブルの時は、だれも株価があそこまで上昇するとは想像もできませんでした。また、バブルがはじけた時、株価がこれでもかというくらい売り込まれました。実際、相場の天井や底値を見極めることは、だれにもできないという謙虚な認識が大切です。

 

相場はすぐに止まらない

この格言から「車はすぐに止まれない」という交通標語ができました。勢い良 く上がる相場は、悪材料も無視して上昇します。雪崩のように下がる相場は、 好材料も無視して下落します。

 

女子が生まれたら桐を植えるが如くに株を買え

昔は、女の子が生まれたら嫁入り道具のタンスを作るために桐を植えました。 株も20年間持ち続けて増やすくらいの気持ちで投資せよという格言です。バ フェットも成長株への長期投資で世界第2の資産家になりました。

 

相場の最初は小型株から

大暴落のあとは、買いの手が引っ込んでいるため、少ない資金でも上昇しやす い小型銘柄が中心になるという経験則からの教えです。

 

野も山もみな一面の弱気なら、あほうになって買 いのタネまけ

相場が暴落し、弱気一色の時に買い向かうのは相当の勇気が必要です。けれど も、実はそこが絶好の買い場という場合が多いものだという意味の格言です。 ただ、中途半端な株価位置で買うと、高値つかみになります。

 

全面高したあとの相場は怖い

相場が若い間は、一部の好業績銘柄や材料株が買われますが、上昇相場の終盤 では、無配銘柄まで買われてしまい、調整時に支える銘柄がなくなり、一気に 暴落してしまうことを例えた格言です。

 

分からぬときは休め

相場は、上昇基調の時は買い、下落基調の時は売り、と判断できますが、もみ 合いの時や不透明な時は休む必要があります。今のように相場がアメリカ市場 に翻弄されて、不安定な時に無理に取引すると、思わぬ損失を被ります。

 

閑散に売りなし

今日のように出来高が少なくなって値動きも弱いと、つい売りたくなります が、これは売り物が枯れた状態で、きっかけがあると株価は急騰します。こ んな状態の時に空売りも手仕舞い売りもするなという格言です。

 

二番底は黙って買え

下げてきた株価が最初の安値をつけることを一番底といい、その後、小反発し て再び下げ、一番底近辺まで下げる場合、そこが真の底値になることが多いこ とから二番底といわれます。

 

幽霊と相場師は淋しいほうに出る

相場師は人気化していない銘柄を幽霊のように静かに買い集める。昭和を代表 する相場師で近藤紡績所社長・近藤信男氏の残した言葉です。

 

実体の伴わない相場は長続きしない

表向きは羽振りがよさそうでも実力のない人は脱落していきます。相場も好調 な企業業績という裏付けがなければ、株価の持続的な上昇に繋がりません。

 

朝の来ない夜は無い

朝になれば必ず、東の空から太陽が昇ってくるように、たとえ今現在は逆風下にあっても、必ず風向きが追い風に変わるときがくるものです。一時の弱気に 押し流されることもなく、信念を持って待ち続ければ、いつかは報われるという格言です。

 

江戸の仇は江戸で討たず、長崎で討つ

赤穂浪士が怨敵・吉良上野介への仇討ちに長期計画を立てた忠臣蔵のように、 株で損した時は、すぐ取り戻そうとあせると傷口を広げる結果となります。む しろ、じっくり失敗の原因を考え、作戦を立て直した上で、再挑戦しよう。

 

政治は、株ではなく失業とインフレに関心がある

政治家は選挙の票数に影響する失業対策とインフレ対策に最大の関心があるので、政治家に株価対策を期待しても無駄だという意味の格言です。今の日銀総裁は株への関心が高いようですが……。

 

保合い相場の対応で天国にも地獄にもなる

買い方と売り方の力が拮抗して値幅の小さい相場が保合い相場ですが、先行き の判断がつきにくいため、うかつに参戦すると、痛い目にあいます。ですから 保合い相場では無理に参戦せず、投資の研究をした方が賢いようです。

 

株はインフレに強いが、デフレに弱い

「失われた10年」と呼ばれた90年代は株式相場がデフレで低迷しました。しかし、デフレ脱却宣言を経て、日本の株式相場が活況となっています。インフレになれば、企業収益が増えるので、ますます株価は上昇するでしょう。

 

株は安く買って高く売る

株に限らずどんな商売でも安く仕入れて高く売らないと利益は出ません。ところが、実際には高値でつかんで安値で処分ということが多いものです。これは欲と恐怖という人間心理が大きく影響しているのですね。

 

しまったと考えたら手仕舞え

買ってみたら、株価が予想に反した動きになったら、早めに損切りするほうが 投資効率がよくなります。銘柄に惚れて、損切りできないまま、塩漬けにしな いようにという格言です。

 

アメリカで起きていることは将来、日本でも起きる

アメリカの生活様式はいずれ日本でも広まるので、アメリカの今を勉強すれば 日本の将来を予想できるという格言です。ジーンズやショッピングモールなど はそのよい例です。

 

相場は人気七分材料三分

株は美人投票によく喩えられます。美人は男性の目を引きつけ、文句なく人気 があります。上がる銘柄も人気があるのでますます買われます。買い材料があ っても人気がなければ、株価はあまり上がりません。

 

景気の主役に付け

景気回復と一口にいっても、その牽引役は時代によって異なりますが、景気を牽引する業界は業績が飛躍的に伸び、株価の飛躍的上昇も期待できます。今はどの業界が景気の牽引役となっているでしょうか。

 

下げる時は一株でも下げる

みんなが強気の時は大量の売り物もすぐに吸収され、株価はあまり下げませんが、先行きが不透明でみんなが弱気にかたむいている時は、買いの手が引っ込 んでしまい、わずかな売り物が出るだけで、株価は急落します。

 

相場の金と凧の糸は、出しきるな

相場はこちらの思い通りには動きません。ですから、思惑と反対方向に大きく 動いた場合、含み損を抱えることになります。そんな場合、余裕資金があれば 買い増しすることができます。

 

夏帽子は冬に買え

季節はずれに商品を買うと、予想外に安い値段で買えます。株にも季節によっ て高い安いがあります。『季節性』を反映しやすい『シーズンストック』は、 この点を生かして、人気薄のとき上手く仕込んでおきましょう。

 

仏の顔、閻魔の顔も3、4度まで

仏の顔とは好材料、閻魔の顔とは悪材料のことですが、どんな材料でも何度も はやされると、影響力が薄れてくるものです。今年は閻魔が3度出ました。1 度目はライブドア、2度目は村上ファンド、3度目は日銀福井総裁の村上ファ ンドへの拠出金騒動。4度目はあるでしょうか。

 

相場は高値圏では強く見え、安値圏では弱く見える

なぜか、株価が高いと買いたくなり、安くなると売りたくなります。人の気持 ち目の前の現象に影響を受けやすいという格言です。自分の気持ちに逆らって 株の売買をすれば儲かるはずなのですが、なかなか難しいですね。

 

強弱よりも運用を学べ

チャート分析や株価予想の前に、自己資金の範囲内でいかにリスクを抑えたうえで有利に利益を上げるかの運用技術を学べという意味です。株価は予想どおりに動かないものですから、予想が外れた場合でも生き残れるようにリスク管理が大切です。

 


  • プロフィール


    株式投資 爆勝トレーダー@ばくちゃん
    性別:男性
  • カテゴリー

  • 月別

  • ブログランキング

    ▼良かったら応援お願いします▼
  • RSS

  • Twitter